インターネットFAX faximo(ファクシモ)活用法ブログ

FAXの業務改善、コスト削減に効く インターネットFAX活用法をご紹介します!

iPadでfaximo利用! その3 PDFに手書きで書き込み&FAX送信

こんにちは。faximo PR担当の榊原です。
さて、受信したFAXに書き込みをしてFAX送信してみたいと思います。

まずは、PDF受信できるソフトを見つけなければ!ということで、結構探したんですが、意外と・・・ないんですよね。
アノテーション(注釈書き込み)ができるソフトはあるのですが、図や文字を書き込んでそのまま送信できるソフトが見つからない!
いろいろと探して、見つかったのがこの「MUJI NOTE」(450円 ※2010/12/16現在)です。

MUJI NOTE
http://www.muji.com/jp/app/#Not

このソフト、凄く好きです!書き込みのタッチや手書き文字の認識など、使っていて凄く気持ちがいい!
有料ソフトですが、おすすめです♪

さて、このMUJI NOTEだとPDFに書き込みができるようなので、さっそくメールで受信したFAXを開いてみます。

faximoの管理画面から、PDFファイルを開いてみます。

管理画面の「受信履歴」からPDFを開いて、「NOTE BOOKで開く」を選択。

今回は、FAX注文表に訂正書き込みをして転送するようなケースを想定しています。
さっそく書き込んでみます。

手書きで線や文字を書きこめるのは、iPadならでは。拡大して書き込めば、小さめの文字も比較的簡単です。スクロールは二本指で、というのもわかりやすい!

こうして、書き込んだものをメールでfaximoに送ります。

 

右上のアイコンから「このページを書き出す」を選択して、形式をPDF、書き出し先をメールにすると、iPadの「Mail」で、新しいメッセージにファイルが添付されます!

添付ファイルだけをFAXしたい場合は、タイトルに「===」をお忘れなく!

こうして送信すると、見事受け取ったFAXにも書き込み結果がしっかり反映されています!

外出先でのちょっとした連絡作業にとても便利ですね♪

ちなみに、メールで受信したPDF形式のFAXを開いて、右上のアイコンから「NOTE BOOK で開く」を選択し、同様の操作を行おうと考えたのですが・・・。

なぜか開きませんでした・・・。メールからの操作をご紹介できなくて、申し訳ないです(> <)。
開く方法がわかりましたら、このBlogでご紹介させていただきます!

広告

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。