インターネットFAX faximo(ファクシモ)活用法ブログ

FAXの業務改善、コスト削減に効く インターネットFAX活用法をご紹介します!

月別アーカイブ: 1月 2012

FAX通信の基礎知識 ~第3回 フェーズ2:伝送速度や機能の交渉~

こんにちは、faximo担当の藤岡です。
本日は、FAX通信の基礎知識 連載第3回、画像データの符号化と伝送の処理フローのフェーズ2:伝送速度や機能の交渉についてご説明します。
 
前回の“呼の設定”で、送信側FAX機と受信側FAX機が通信を開始しました。
フェーズ2では、送信側と受信側のFAX機がお互いに自分の持つ機能を伝え合い、FAXの機能と速度を決定します。
 
この投稿の続きを読む

広告

Dropbox(ドロップボックス)ってどんなサービス?

こんにちは。
faximoPR担当の藤岡です。
 
前回、Dropboxを利用した受信FAX画像の自動保存方法をご紹介しましたが、「Dropboxって何?」と思われた方も多かったのではないかと思います。
そこで、今回はDropboxの概要についてご紹介します。
 
DropboxはEvernote同様に個人向けのオンラインストレージサービス(インターネット上にデータを保存するスペースを提供するサービス)と呼ばれています。
Dropboxの使い方は非常にシンプルで、専用のフォルダにファイルを保存するだけです。
専用フォルダに保存されたファイルは自動的にWebサーバーへアップロードされた後、他の機器のDropboxにも同じファイルが保存される(ファイル同期される)ので、オフィスや自宅のパソコン、モバイル端末から同じファイルにアクセスする事ができるのです。
 
Dropboxへアップロードしたファイルは、他の端末のDropboxからもアクセスする事ができます。
(例)オフィスPCから画像をDropboxへアップロードすると、モバイル端末や自宅ノートPCの
Dropboxへファイル同期がされ、同じ画像を見る事が可能になります。
 
この投稿の続きを読む

faximoで受信したFAX画像を、送信元ごとにDropboxへ自動保存する方法

こんにちは。
faximoPR担当の藤岡です。
 
先日榊原よりEvernoteでのfaximo活用法をご紹介しましたが、私の方からはDropboxの活用法をご紹介します。
 
faximoはメールでFAXを受信する事ができますが、FAXを受信するたびに添付されている画像データを保存するのは手間がかかりますよね。送信元ごとに保存先を振り分けるとなると尚更です。
 
そこで、Dropboxというアプリケーションを利用して受信したFAX画像のデータを自動で送信元ごとに保存する方法をお伝えしたいと思います!
 
この投稿の続きを読む

FAX通信の基礎知識 ~第2回 フェーズ1:“呼”の設定~

こんにちは、faximoPR担当の藤岡です。
FAX通信の基礎知識 連載第2回は、画像データの符号化と伝送の処理フローの、フェーズ1:“呼”の設定についてご説明します。
 
“呼”の設定とは、電話網にある電話交換機が送信と受信のFAX機同士を電話回線で接続し、FAX機同士の通信が開始される事です。
“呼”の設定が行われると、「電話網を通じて信号をやり取りする回線」が確立します。
この回線を通して、送信側のFAX機と受信側のFAX機が「お互いがFAX機である事」「これからFAX通信を行う事」を確認し合います。
 
この投稿の続きを読む

FAX通信の基礎知識 ~第1回 FAXの送受信の処理について~

この記事は、2011/12/20にfaximoSilverワークショップに掲載したものと同じ内容です。

こんにちは、faximoPR担当の藤岡です。
今回から数回に渡り、FAX通信の基礎知識を連載していきます。
連載が少しでもお客様のお役に立てば幸いです。
連載第1回は、FAXの送受信の処理についてご説明します。
 
FAX送受信の処理フロー
この投稿の続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。