インターネットFAX faximo(ファクシモ)活用法ブログ

FAXの業務改善、コスト削減に効く インターネットFAX活用法をご紹介します!

Dropbox(ドロップボックス)ってどんなサービス?

こんにちは。
faximoPR担当の藤岡です。
 
前回、Dropboxを利用した受信FAX画像の自動保存方法をご紹介しましたが、「Dropboxって何?」と思われた方も多かったのではないかと思います。
そこで、今回はDropboxの概要についてご紹介します。
 
DropboxはEvernote同様に個人向けのオンラインストレージサービス(インターネット上にデータを保存するスペースを提供するサービス)と呼ばれています。
Dropboxの使い方は非常にシンプルで、専用のフォルダにファイルを保存するだけです。
専用フォルダに保存されたファイルは自動的にWebサーバーへアップロードされた後、他の機器のDropboxにも同じファイルが保存される(ファイル同期される)ので、オフィスや自宅のパソコン、モバイル端末から同じファイルにアクセスする事ができるのです。
 
Dropboxへアップロードしたファイルは、他の端末のDropboxからもアクセスする事ができます。
(例)オフィスPCから画像をDropboxへアップロードすると、モバイル端末や自宅ノートPCの
Dropboxへファイル同期がされ、同じ画像を見る事が可能になります。
 

 
複数のPCやモバイル端末でDropboxを利用するには、それぞれの機器でDropboxをインストールする必要があります。
Dropboxをインストールする際に「すでにDropboxアカウントを持っているか」を聞かれますので、初めてのインストールでは「Dropboxアカウントを持っていません」を選択し、Dropboxのアカウントを作成して下さい。
2台目以降の機器にインストールする時は、「すでにDropboxアカウントを持っています」を選択し、作成済みのアカウントでログインして下さい。
 
Dropbox新規アカウントを作成
 
Dropboxは自分以外の人とファイルを共有するためのフォルダが用意されています。
初期状態では、「Photos」フォルダと「Public」フォルダがDropboxフォルダに作成されています。
その他に、設定したDropboxユーザーのみが共有できる「共有」フォルダがあります。
「共有」フォルダはWeb画面からの設定が必要となります。
 
Dropboxフォルダ
 
Dropboxの各フォルダについて、簡単に解説します。
 
「Photos」フォルダ
「Photos」フォルダは写真などを複数人に共有するためのフォルダで、フォルダごとにURLが発行されるので、共有したい人物にフォルダのURLを教える事でフォルダに入っている写真を全て共有する事ができます。
 
Photoフォルダ概要
 
フォルダURLの取得は、デスクトップ上のDropboxフォルダ-「Photos」フォルダ-任意のフォルダを右クリックし「パブリックギャラリーリンクをコピー」を選択するか、Web上からDropbox-「Photos」フォルダ-ギャラリー-任意のフォルダへ移動し「友達とギャラリーを共有」のリンクをコピーして下さい。
 
フォルダからパブリックギャラリーリンクをコピー
Webからパブリックギャラリーリンクをコピー
 
「Public」フォルダ
「Public」フォルダは自分以外の人とファイルを共有するためのフォルダで、ファイルごとにURLが発行されるので、共有したい人物にファイルのURLを教える事でファイルを共有する事ができます。
 
Publicフォルダ概要
 
ファイルURLの取得は、デスクトップ上のDropboxフォルダ-「Public」フォルダ-任意のファイルを右クリックし「パブリックリンクをコピー」を選択するか、Web上からDropbox-「Public」フォルダへ移動し、任意のファイルの右端にマウスを乗せ「パブリックリンクをコピー」を選択して下さい。
 
フォルダからパブリックリンクをコピー
Webからパブリックリンクをコピー
 
「共有」フォルダ
「共有」フォルダは、複数人のDropboxから操作する事が可能なフォルダです。
Dropbox内に作成したフォルダを共有フォルダ化し、他のDropboxユーザーを招待する事で共有が可能となります。
「共有」フォルダ内へのファイルの追加・変更・削除は他のユーザーのDropboxにも同期されます。
 
共有フォルダ概要
 
複数人でのフォルダの共有方法
インターネットブラウザから共有フォルダを作成する流れをご説明します。
まず、Dropboxホームページへアクセスし、ログインをして下さい。
「共有」タブをクリックしフォルダの共有画面を開きます。画面中央にある「フォルダの共有」ボタンをクリックして下さい。
 
共有画面を表示
 
フォルダの共有について新しいフォルダを作成するか聞かれますので、「新規フォルダを作成し共有する」を選択しフォルダ名を入力して下さい。
 
共有用の新規フォルダを作成
 
「このフォルダにコラボレータを招待」のテキストボックスに、招待する人のDropboxユーザー名かメールアドレスを入力します。
ユーザーは一度に複数人を招待する事ができます。
ここでは森脇というユーザーを招待します。
 
共有するユーザーを招待
 
「フォルダの共有」ボタンをクリックすると、共有フォルダの作成が完了します。
Dropboxフォルダ内に、「共有」と名付けられたフォルダが作成されているのが確認できます。
 
共有フォルダの作成完了
 
次に、招待された人が共有の設定を行います。
森脇ユーザーでDropboxへログインすると、共有タブに赤いフラグが立っているのが確認できました。
共有画面へ移動し、「新しい共有フォルダの招待」のリンクをクリックします。
 
招待されたユーザーの共有設定
 
藤岡からの共有フォルダへの招待のメッセージが表示されますので、「承認」ボタンをクリックして下さい。
 
招待の承認
 
これで1つのフォルダを藤岡と森脇の両ユーザーが共有する事が可能となりました。
部署のメンバーや、同じプロジェクトのメンバーで共有するフォルダを作成する事で、効率的な業務の進め方が可能になるかと思います。
 
前回も記載しましたが、Dropboxの無料アカウントではデータを保存できる容量が2GBまでとなっています。
この容量は、Dropboxのtwitterをフォローしたり、友人をDropboxへ招待するなどして増量する事が可能です。
また、50GB、100GB、1TBの容量を利用する事ができる有料のアカウントも用意されています。
 
無料アカウントでは、Dropboxを利用している端末が90日間インターネットへ接続されないと、Dropboxへアップロードしたデータが消去されてしまうのでご注意下さい。
 
簡単ですが、Dropboxの概要をご紹介させていただきました。
これからもfaximoをもっと便利に使っていただくためのトピックスなどをご紹介していきたいと思います!

広告

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。