インターネットFAX faximo(ファクシモ)活用法ブログ

FAXの業務改善、コスト削減に効く インターネットFAX活用法をご紹介します!

OCRアプリ「e.Typist Mobile」とfaximoを組み合わせて使ってみる

こんにちは。
faximoPR担当の藤岡です。

皆さんはOCRというものをご存知ですか?
OCR(Optical Character Recognition)とは、新聞や雑誌などに書かれている文字をパソコンで編集可能なテキストデータへ変換するソフトウェアです。

このOCRの機能を持ったスマートフォンアプリがあります。
代表的なものとしてメディアドライブ株式会社の「e.Typist Mobile」があります。

今回は「e.Typist Mobile」とfaximoを組み合わせて利用できるか検証してみたいと思います。
使用するスマートフォンは、AndroidのXperiaGXです。

【紙文書をテキストデータに変換し、faximoでFAX送信をする】
手元にある紙文書をOCRでテキストデータに変換し、faximoからFAX送信を行ってみます。
「e.Typist Mobile」アプリを起動すると、最初のメニューが表示されます。
メニューから「カメラ撮影後、文字認識を行う」を選びます。

カメラが起動するので、テキスト化したい文書を撮影します。
「e.Typist Mobile」のカメラは、テキスト化しやすいように濃く写る設定になっているようです。
撮影を行うと画面に文書の画像が表示されるので、認識範囲を緑の枠で選択します。
この時メニューボタンをタップすると、画像の白黒表示や文字のレイアウト解析を行うボタンが表示されます。

通常の文書であればそのまま「文字認識」を行えば良いのですが、表組みされている文書では項目の並びがバラバラになってしまうので、レイアウト解析を行う必要があります。
メニューから「レイアウト解析」を選択すると、文字のある部分が緑の枠で囲われます。

レイアウト解析を行った状態でメニューボタンをタップすると、「認識順」ボタンが表示されます。
「認識順」ボタンをタップすると、それぞれの枠に数字が表示されます。
この数字の順番でテキストが並べられます。

枠の上をタップすると、新しい数字が1から割り振られます。
希望の並びになるよう枠に数字を割り振って下さい。
「適用」ボタンをタップすると、順番が保存されます。

最後に、必要な部分だけテキストデータ化するように設定します。
画面の緑の枠をタップすると赤い枠に変わります。
テキスト化しない枠を赤い枠にして「緑の枠を認識」をタップすると、緑の枠だけテキストデータ化されます。
(赤い枠をタップすると緑の枠になります。)

テキストデータ化された文章が表示されます。
所々違う文字が表示されている箇所があるので、修正していきます。
「編集」ボタンをタップすると、テキスト編集画面が開きます。

変換後のテキストを選択すると、元文書の対応箇所が表示されます。
修正が完了したら、画面右上の「適用」ボタンをタップして下さい。

誤字や改行の修正が完了しました。

「転送」ボタンをタップすると、テキストを他のアプリへ転送したり、PDF化して他のアプリへ転送する事ができます。今回は「テキストだけを他アプリに転送」を行います。

faximoでFAX送信を行うので、アプリケーションは「Gmail」を選択します。
先程修正したテキストデータが本文に貼り付けられた状態で、新規メールが作成されます。
宛先を入力し、メールを送信します。

実際に届いたFAXがこちらになります。
撮影した写真をFAXするよりも、キレイに印字されています。

【faximoで受信したFAXデータをテキストデータ化する】
faximoで受信したFAXをOCRでテキストデータに変換してみます。
「e.Typist Mobile」はfaximoの受信ファイル形式であるPDFとTIFFファイルが開けないので、受信通知メールに添付されているPDFを開きスクリーンショットを撮ります。
スクリーンショットの保存方法は、機種ごとに異なる可能性があるので取扱説明書をご確認下さい。
AdobeReaderアプリ等でPDFを開き、画面全体に文章が収まるよう調整し、スクリーンショットを撮ります。

スクリーンショットを保存したら「e.Typist Mobile」を起動し、メニューから「アルバムから画像選択後、文字認識を行う」をタップします。

アルバムから先程保存したスクリーンショットを選択します。
画像が表示されたら認識範囲を選択し、「文字認識」ボタンをタップします。

変換されたテキストデータが表示されました。

違う文字になってしまっている箇所を修正していきます。
FAXの文字は認識がしづらいようで、日本語も所々修正が必要でした。

無事にFAXのテキストデータ化が完了しました。
「保存」をタップすると認識結果を保存でき、後から閲覧・編集する事も可能です。

「e.Typist Mobile」は精度の高いOCRを手軽に利用できるので、外出先などで活躍しそうです。

※記事の内容は2013年11月21日時点の情報です。バージョンアップ等により仕様が異なっている可能性があります。
※本文内の製品名およびサービス名等は各社の登録商標となります。

広告

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。