インターネットFAX faximo(ファクシモ)活用法ブログ

FAXの業務改善、コスト削減に効く インターネットFAX活用法をご紹介します!

タグアーカイブ: 情報共有

Dropbox(ドロップボックス)ってどんなサービス?

こんにちは。
faximoPR担当の藤岡です。
 
前回、Dropboxを利用した受信FAX画像の自動保存方法をご紹介しましたが、「Dropboxって何?」と思われた方も多かったのではないかと思います。
そこで、今回はDropboxの概要についてご紹介します。
 
DropboxはEvernote同様に個人向けのオンラインストレージサービス(インターネット上にデータを保存するスペースを提供するサービス)と呼ばれています。
Dropboxの使い方は非常にシンプルで、専用のフォルダにファイルを保存するだけです。
専用フォルダに保存されたファイルは自動的にWebサーバーへアップロードされた後、他の機器のDropboxにも同じファイルが保存される(ファイル同期される)ので、オフィスや自宅のパソコン、モバイル端末から同じファイルにアクセスする事ができるのです。
 
Dropboxへアップロードしたファイルは、他の端末のDropboxからもアクセスする事ができます。
(例)オフィスPCから画像をDropboxへアップロードすると、モバイル端末や自宅ノートPCの
Dropboxへファイル同期がされ、同じ画像を見る事が可能になります。
 
この投稿の続きを読む

広告

faximoで受信したFAX画像を、送信元ごとにDropboxへ自動保存する方法

こんにちは。
faximoPR担当の藤岡です。
 
先日榊原よりEvernoteでのfaximo活用法をご紹介しましたが、私の方からはDropboxの活用法をご紹介します。
 
faximoはメールでFAXを受信する事ができますが、FAXを受信するたびに添付されている画像データを保存するのは手間がかかりますよね。送信元ごとに保存先を振り分けるとなると尚更です。
 
そこで、Dropboxというアプリケーションを利用して受信したFAX画像のデータを自動で送信元ごとに保存する方法をお伝えしたいと思います!
 
この投稿の続きを読む

離れた場所でもラクラク!アウトソーシングでのfaximo活用アイデア

人手のかかるFAX受注業務をアウトソーシングする際、FAX情報の連携はどのようにされていますか?

特に、FAXの原本を自社内に持ちつつアウトソース先に転送したい、となると、システム構築も必要ですし、転送コストも大変。

大規模な受注業務なら専用システムを検討できますが、FAXの割合はそれほど多くない・・・という場合、コストをかけずに構築する必要がありますよね。

そんな時に、「メールでFAXを送受信する」faximoなら簡単解決!受信したFAXはメールで確認できますので、どこにいようとFAXを受け取ることができます。

受信するメールアドレスは3つまで登録できるため、自社とアウトソース先の両方でのFAX確認も問題ナシ。

普段はアウトソース先に業務をお任せして、イレギュラーな発注などがあった場合に自社で対応する、といった連携ができます。

アウトソーシングでのfaximo活用アイデア

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。